今更聞けない大人のマナー!?お歳暮を頂いた時のお礼の手紙の書き方

お詫びの手紙

お歳暮を頂いたら、なるべくすぐにお礼の手紙を出しましょう。メールや電話で伝えることも可能ですが、手紙を出すのが正式なマナーです。近縁の人間にも、形式的に手紙を出す方が良いでしょう。
もし会社の方から頂いた場合は、今後のお付き合いのお願いも含めてお礼の気持ちを述べることが重要です。

知人からお歳暮を頂いた場合のお礼の例文

自分だけでなく、家族も喜んでいる姿を記すといいでしょう。

拝啓
師走に入り、気候もだいぶ厳しくなってきましたが、お変わりなくお過ごしでしょうか?
さて、このたびは大変素敵なお品を頂き、本当にありがとうございました。とても美味しい○○をいただき、ありがとうございます。家族皆喜んでおります。こんなに美味しい○○があるとは驚きです。ぜひ奥様にも宜しくお伝えください。
まだしばらくは厳しい寒さが続きますが体調にはくれぐれもお気をつけ下さいませ。取り急ぎ、お礼申し上げたく、筆をとりました。大変ありがとうございました。
                                                                                                                                                                               敬具
                                                                                                                                                                               名前
                                                                                                                                                                                内

お歳暮をいただき、お礼の品お贈る場合の例文

お礼の品を別途贈る場合は、その旨も記載しましょう。

拝啓 
寒さもひときわ厳しくなってまいりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。
さて、このたびは大変結構なお品をいただき、本当にありがとうございました。一家そろってお喜びでございます。いつもお気遣いいただいてばかりで、恐縮でございます。
本日別便にて心ばかりですがお礼の品を送りました。皆様のお口に合うかどうかわかりませんが、ご笑納下さい。
今年の冬は一段と寒くなるようです。どうぞご自愛くださいませ。 略儀ながら取り急ぎ書中にてお礼申し上げます。
                                                                                                                                                                               敬具     
                                                                                                                                                                               名前
                                                                                                                                                                               内
○○様

まとめ

お歳暮を頂いた場合は、なるべく書面でお礼の言葉を述べることで、相手に感謝の気持ちが伝わります。今はインターネットなどが発達していますので、メールやSNSで何でも連絡が取れてしまいますが、頂いたものに対しての感謝の気持ちは手紙で伝えると、相手の方も贈ってよかったと思ってくださるでしょう。またお返しを送る場合には、「お歳暮のお返しにお歳暮を贈る」よりも、時期を少しずらして、年が明けてから品物ののしの表書きを「寒中御見舞」や、「寒中御伺」として贈るのも良いでしょう。贈ってくださった方に気を遣わせない程度の品物を選ぶことも大事なポイントです。

手紙の書き方  手紙の書き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です