手紙を書くことが身近に感じる「一筆箋」とその使い方を知る

tegami

ちょっと一言「一筆箋」

手紙を書こうと思ってもペンが進まず、どうしていいやら途方に暮れる経験はありませんか?よほど手紙を書き慣れている人以外は、やはりメールならまだしも手紙を書かなくてはいけない時、多分そんな時はメールでは済まない用件、気軽ではない、目上の方に、そんな気持ちが重い中で書かなくてはいけない時が多いでしょう。普段から手紙に慣れておきたいものですが、手紙に慣れる方法の一つとして、私が推薦したいのは「一筆箋」です。一筆箋とはどういうものかご存知でしょうか。文具売り場に細長い便箋を見つけたことはありますか?18センチ×8センチほどの短冊型の便箋です。縦型の和風のものや、横型の洋風のもの、白、色付き、柄付き、罫線の有無、多くの素敵な一筆箋が販売されていますから私はよく何種類かを買い求めることがあります。通常は何枚かセットになっているのであまり季節感があると使いにくいのでよほど一筆箋を良く使う人でないと季節感のあるものは選びにくいものです。この小さな短冊型の便箋には「拝啓 早春の候、いかがお過ごしで…」などの挨拶は入りませんね。それこそ一筆箋の意味がなくなります。あくまでも一筆箋は1行でも足りる用件を書くものですから。便利ですから使ってみましょう。

メモや付箋よりも温かい印象

「一筆箋」は縦18センチ×横8センチの面積ですから、この中に用件を数行で書くことになります。このまま封筒に入れて手紙として送るのではなく、何かを送る時に添えるものと考えたほうが良いですね。例えばお誕生日やクリスマスなどの贈り物に添えて送ったり、借りていた本を返す時、ビジネスシーンでも書類や資料を送る時に、付箋やメモを付けるよりは丁寧で心がこもったものに感じます。ほんの数行のメッセージ、ありがとうの言葉や感謝の言葉、宜しくの言葉など、心から伝えたいと思う言葉だけで良いのです。飾り立てる必要も、型にはめなくてはいけないというようなものではありませんから、本当に気軽に書ける便利な手紙なのですね。これであなたの苦手意識は解消されそうですね。

手紙を書くまでもない用件

贈り物だけを送りつけるよりも一筆箋に一言「お誕生日おめでとうございます。貴女に似合いそうなスカーフを見つけました。お気に召すと嬉しいのですが… 真弓」とか、普段は照れくさくて言えないような「お母さん、いつもありがとう。可愛らしいカーネーションをお部屋に飾ってね。 真弓」など。添えられると嬉しいものです。これはほんの1行、名前を入れても2~3行です。では、一筆箋らしい短文を2例ほどご紹介しましょう。「佐藤様へ いつもお世話になっています。お借りした本をお返しします。これからの仕事に大変役立ちそうで助かりました。またぜひおすすめの本がありましたら教えてください。ありがとうございました。 小笠原」これは会社の先輩が後輩に仕事に役立つ本を貸してくれて、後輩が本を返す時に一筆箋でメッセージを付けて送ったというシーンです。本を返すことが目的ですし会社で顔を合わせる間柄ですから、わざわざ手紙は大げさですね。「鈴木様 いつもお世話になっています。実家から野菜が届きましたので少しばかりですが召し上がってください。 小笠原」これはご近所の方におすそ分けをしたい時に袋や箱の中に添えるメッセージとして一筆箋を使うと大げさではなく、ご近所のお付き合いには良い形だと思います。このように、手紙を書くまでもない用件ですが、少しだけ心を添える意味で上手に一筆箋を使う、その使い方を覚えていただきたいと思います。

手紙に自信がなくても3ポイントで完成

数行だったら手紙が苦手な私でも書けそう…なんて思い始めていますね。それに私のように悪筆な人間にとっては、手紙というある程度のボリュームを手書き文字で埋めるなどとは恐ろしくてなかなかできません。そんな私でも一筆箋で数行なら何とか緊張感を持って丁寧に文字を手書きすることができます。何とか恰好がつくのが一筆箋の不思議なところなのです。悪筆な私は、手紙はすべてワープロですが、一筆箋だけは丁寧に手書きをします。では、そんな不思議な事が起こるのはなぜか、どうして下手でも恰好良い一筆箋が書けるのか、そのコツを3つお教えしましょう。まず、この小さな短冊型の紙にめいっぱい文字を埋めるのではなくて、余白をたくさん取りましょう。もちろん場合によっては2枚にかかる場合もありますが、それなら手紙として便箋を使ったほうが良いでしょう。一筆箋なのですからできれば1枚にすっきりと書き上げましょう。そして文字が少なければ余白も取れますので、全体にすっきりしたイメージになります。次に改行をすること。句読点ごとに

改行をすることで余白が出てきてこれもすっきり書き上げるコツになります。最後に、一筆箋のデザインにより絵柄がついている場合の注意点です。綺麗な花などが右下や左上などにある場合、または何かの模様でも両端にあったりと、様々なデザインのものが出回っています。そのような時には特にその柄に文字がかからないように、最初に文章を考えて配分をある程度考えてから書き出しましょう。柄に文字が入るとせっかくの一筆が雑に見えるのですからもったいないですね。それでは挑戦してください。

手紙の書き方  手紙の書き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
No articles