合格おめでとう!!今まで頑張ってきたあなたへ送りたい!学校や資格試験の合格祝いに使える手紙の書き方

tegami

少子化といえど高校受験や大学受験は、とても熾烈な競争となっています。特に人気のある学校はとても倍率が高いので、受験者ももう勉強してきたことでしょう。また、国家資格などの難関資格取得も、相当な努力をして合格を手に入れたことでしょう。そのような親戚の子どもや知人などに対して、合格祝いのメッセージを送る手紙の内容はどのようなものか、ご紹介します。

大学などの学校に合格した際の例文

合格おめでとう。
今まで△△大学を目指してきた甲斐がありましたね。
素敵なキャンパスライフを楽しまれることをお祈りします。

合格おめでとう!
ずっと努力してきた○○さんの努力が報われましたね。
これからも大学での勉学に励んでくださいね。

合格おめでとう。
きっとご両親もさぞや喜んでおられることでしょう。
地元を離れるのは大変かもしれませんが、△△大学での新たな生活を楽しんでください。

合格おめでとう。
諦めずに頑張った甲斐がありましたね!
夢に向かって、これからもやりたいことに挑戦してください。

難関国家試験等に合格した際の例文

司法試験の突破、おめでとうございます。
大学に入った頃から、猛勉強していたとのことで、さぞ大変だったでしょう。
夢に一歩近づけましたね。
これからの活躍にも期待しています。

公務員試験合格おめでとう。
3年生の頃から、学校と試験勉強の両立をしていたそうですね。
とても頑張ってこられたのでしょうね。
新たな環境で慣れないかもしれませんが、きっとうまくいくようお祈りしています。

医師国家試験合格おめでとう。
これでまた一つ、念願の夢に近づきましたね。
きっといいお医者さんになることと思います。
研修医生活は大変でしょうが、体に気をつけて頑張ってくださいね。

税理士試験合格おめでとうございます。
これで全ての科目に合格したとのことで、肩の荷が下りたことでしょう。
今後の活躍にも期待しています。

まとめ

合格はどんな方にとっても、大変嬉しいものです。親戚の子どもなら、喜びもまた大きいことでしょう。今まで遊んだりすることを我慢して、たくさん勉強してきたことなどを考えて、少しは羽を伸ばしてみることも書いてみると、きっと手にした方はホッとするでしょう。束の間の休息を楽しんでから、新たな気分で新生活をスタートできると思います。お祝いにいくらか包むのも良いですし、社会人でしたら万年筆などをプレゼントしても喜ばれると思います。合格までの道のりをたたえ、心を込めて丁寧に書いてみましょう。

手紙の書き方  手紙の書き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です