季節感のある手紙の書き出し…3月の手紙の最初の挨拶と文例

tegami

3月の手紙の書き出しの大切さ

3月の手紙というものは、卒業や異動や別れの季節でもありますから、それに関する近況報告や時候の挨拶が増えることでしょう。嬉しいお祝い事もあれば、寂しい別れもあります。そのような季節に思いやりの気持ちと励ましの手紙を送ることは、相手のこれからの人生を応援する心遣いが伝わることでしょう。そして自分がその立場で、寂しさの中に温かい心がこもった手紙をいただけたら、しみじみと励まされ、次のステップへの勇気につながっていくことでしょう。そういう意味でも、季節感の出しやすい時ですから、普段手紙を書かない人でも近況報告をする絶好の季節です。自分にとっても相手にとってもいつもと違う時期であることが多いので、思いやる気持ちを素直に言葉にしてみましょう。手紙の書き出しは、この季節が自分にとってどのような事柄が起こっているかを報告したいという一文が入ると、あとはそれを詳しく書いていくことになります。手紙を書くことが苦手な人は季節の挨拶もそこそこに、「実は今月私は…」とこの手紙で何を伝えたいか、本題に入るととても書きやすくなるでしょう。

3月とはどのような季節でしょうか

3月はイベントや物事の終わりや始まりの季節です。3月3日は桃の節句(ひなまつり)、3月5~6日頃には啓蟄、3月20日~21日頃は春分、その後はお彼岸などがあり、またその人その人により卒園や卒業の季節。3月でもひと月の中で手紙を書く時に応じてこれらの言葉を盛り込み、その様子を思い描き喜んでいます、お祝いの気持ちがありますという言葉を送るとそれも相手にとって嬉しいことでしょう。自分の家族の成長の様子をひなまつりや卒園、卒業というイベントで表すことができ、また、相手の家族も同様にこれらのイベントの様子をお祝いすることで、人間関係を友好に続けていくことができる大切な手紙になります。

3月の上旬、中旬、下旬によって違う手紙の書き出し

3月上旬の頃の書き出しは、春がまだ浅い状況を表します。

・桃の節句も過ぎ、寒さもようやく和らいでまいりました。

・花のつぼみもほころぶ季節となりました。

・春まだ浅く、吹く風に冷たさを感じられる今日この頃…

・沈丁花の香りに、春の到来を感じるこの頃…

3月中旬の頃の書き出しは、春とはいえ春一番など寒暖差を表す言葉が良いでしょう。

・暑さ寒さも彼岸までと申しますが、まだまだ寒い季節が続いています。

・春一番が吹き、いよいよ春本番を迎えようとしています。

・穏やかな日差しに、ようやく春の気配を感じる季節となりました。

・木々の緑が日増しに色づき、心躍る季節になりました。

3月下旬の頃の書き出しは、やっと春が本番になり穏やかな状況を表します。

・桜前線の北上に、春の足音を感じるこの頃…

・春めいたうららかな日が続いております。

・桜の花がいっせいに咲こうとしている季節になりました。

・淡雪もやっと消え、道の草にも緑が見え隠れするこの頃…

3月、季節の言葉

日本には四季折々の言葉がありますので、それを手紙の書き出しに使うことも、お互いにその季節を愛でる良い言葉ではないかと思います。例えば、「春一番」は立春から春分の間にその年初めて吹く南よりの強風で、春の訪れを示します。次に「彼岸」春彼岸は春分の日を中日とする7日間で、秋彼岸もあります。そして「風花」は春の晴れた日にまるで花びらが舞うようにちらちらと降る雪をいいます。どれも風情があり、冬が終わって春を迎える頃の季節をよく表しています。手紙の中に使ってみてください。また、あらたまった手紙の書き出しには、春暖の候、仲春の候、春雪の候、春陽の候、浅春の候、春分の候、陽春の候、解氷の候などが使えます。そして友人知人への気心知れている間柄には、「今年は花粉が一段とひどいようですが…」や「そちらでは早くも桜が開花したとか、今朝のテレビで知りました。」など、生活に密接した言葉を手紙にすると喜ばれることでしょう。

手紙の書き方  手紙の書き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
No articles