手紙の書き方…「拝啓」と「敬具」をワンセットで考える方法とその文例

tegami

「拝啓」と「敬具」はワンセット

手紙で最初と最後につける言葉としてワンセットで知られているのが「拝啓」と「敬具」です。ビジネスレターでしたら当たり前ですが、日常ではあらたまった手紙以外にはあまり使わなくなってきました。この「拝啓」と「敬具」ですが、何となくつける挨拶という認識で、詳しい意味までは知らない人の方が多いかもしれません。一般的には「拝啓 貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。…以上よろしくお願いいたします。敬具」というように手紙の最初に使うのが「拝啓」で、最後に使うのが「敬具」という認識です。本当はどのような意味があるのかを知っておくと、これから手紙を書く時に少し心構えも変わってくるかもしれませんね。

「拝啓」と「敬具」の意味

では「拝啓」と「敬具」それぞれの意味について調べてみましょう。人と対面して会う時と、手紙も同様に考えてみましょう。まずは「拝啓」はお辞儀をしている意味を持ちます。人と会う時にもまずお辞儀をして挨拶をします。これと「拝啓」は同じことです。また「拝啓」の「拝」はお辞儀をしながら拝むことで、「啓」は申し上げるという意味です。歴史時代ものの映画などで見られるように、王様に対して家臣が話をする時に、うやうやしくお辞儀をしながら「王様に申し上げます」というシーンがあります。まさに手紙の「拝啓」はこのシーンそのものなのです。そして話題に入っていきますね。イメージをしてみるとわかりにくい言葉もわかりやすくなるものです。では「敬具」とはどのような意味があるのでしょうか。これは「うやうやしく整える」という意味で、敬意を表して結ぶということにつながります。これも人と出会って話をし、別れる時に「それではまた」と最後の挨拶をしますが、ちょうどそれと同じ場面に当たるのです。「拝啓」と「敬具」はどちらも相手に敬意をもって挨拶をする意味があることを知ることができましたね。この意味を忘れずに、今後「拝啓」と「敬具」を使いながら相手に敬意をもって手紙を書いてください。

「拝啓」と「敬具」はビジネスマナー

「拝啓」と「敬具」をビジネスレターにつけるかつけないかは、最近悩む時が増えています。なぜならば電子メールでのやり取りが増えていますので、形式に沿った手紙を書くシーンが減っていることから、「拝啓」と「敬具」を省くことも多くなっています。そんな事実を考えると「拝啓」や「敬具」は意味のないことなのかとも感じられます。手紙の形式としか思えないのですね。しかし形式であるからこそ受け取った相手によっては省いたことによって「マナーを知らないやつだ」と烙印を押されてしまうかもしれないのです。大切な要件でお得意様にビジネスレターを送る際、「拝啓」と「敬具」をつけるかつけないかで悩むのでしたら、形式としてつけた方が無難です。プライベートな手紙では省いても良い時代となってきましたが、ビジネスのシーンではまだまだ形式は大切に守っていかなくてはいけません。

「拝啓」と「敬具」の正しい使い方

「拝啓」と「敬具」の意味を知ることによってその正しい使い方も覚えておきたくなります。頭語と結語にはいくつかの種類がありますので、この組み合わせを間違えると、せっかく形式を重んじて書いたつもりだったのに、かえって失礼してしまう事にもなりかねません。使用する際は充分に気を付けて使うようにしましょう。

「拝啓」+「敬具」…最も一般的な使い方です。

「謹啓」+「敬白」…一層丁寧な使い方です。

「前略」+「草々」…簡略化をした使い方です。

そして次の言葉ですが、「拝啓」からはじめたら続けて時候の挨拶を忘れずに書きましょう。「前略」の場合は時候の挨拶を省略させていただきますという意味を持っているので、即座に用件に入ることが許されるのです。「前略」は「前」=冒頭の挨拶、「略」=省く、「草々」=慌ただしく、という意味を持ちます。ですから「前略」と「草々」の手紙は、ちゃんとした手順を踏まずに手紙を書かせていただき、慌ただしく申し訳ありません、という意味を持ちます。ですから「前略」と「草々」を使う手紙では時候の挨拶を省くことができるのです。日常的な手紙では時候の挨拶を省く、このような書き方も便利ですね。

手紙の書き方  手紙の書き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
No articles