季節を問うか問わないかで変わる手紙の結びの言葉とその文例

tegami

「結びの言葉」とは手紙の締め

それまで書き連ねてきた言葉の数々を最後の部分で台無しにしないためにも、締めというのは大切なものです。ビジネスレターも一般の手紙もそうです。最後のところでいやにしつこく感じたり、まだ続くのか?というイメージだったり、ぶっきらぼうだったり、頼むだけ頼んでそれで終わり?というあっけらかんとしたものであったり、何だか、頭語、前文、本文まではとてもよかったのに最後になってどうして…という締め方にならないように心して手紙の締めをしましょう。終わりよければ全てよしです。話し言葉のスピーチも、書き言葉の手紙も同じです。一般的な手紙なら、挨拶や感謝の気持ちを伝える結びの言葉が多いでしょう。その他にも返事を要求する言葉、ビジネレターなら検討してもらいたい事や連絡をお願いしたいなどを結びとすることもあります。ところが気を付けたいことは、しつこくならないこと。お願いや検討などを用件として本文にしっかりと書き示していたとしたら、結びの言葉で同様の言葉を書いたなら、どこまでもしつこくしていることになります。本文で用件を伝えているなら結びでは挨拶程度が良いでしょう。

手紙は出会った時と同じ感覚で書きましょう

人と人が出会って話をする時、マナーというものがありますね。そして、手紙にもマナーがあります。形式だけではなく、しつこさやぶっきらぼうさは気を付けたいものです。一例を示しましょう。出会った時も挨拶から入って用件を伝え、日頃の感謝の気持ちやまた会いましょうの気持ちを伝え別れるのです。「まあ、鈴木さん、こんにちは。暑くなりましたね。ええ、私も何とか元気でやってますよ。あらお嬢さん?あの小さかった由紀子ちゃんね。大きくなられたわね、もう六年生なの?中学入学にはお祝いさせてね。あなた方が引っ越されてから寂しくなりましたよ。またゆっくり遊びにいらしてね。それではごめんくださいませ。」と年配の女性と若い母親が娘を連れて歩いていてばったり出会ったというシーンです。お祝いの話が出るほどそこそこ親しいという間柄ですね。これを手紙にしてみましょう。「拝啓 真夏日が続く中お元気でいらっしゃいますか。鈴木さんご家族がお家を建てられてお隣から3丁目に引越しをされてから寂しくなりました。そろそろ由紀子ちゃんも中学生ではありませんか?子供が大きくなるのは早いものですね。入学の際はぜひお祝いさせてくださいね。お忙しいとは存じますが一度遊びにいらしてください。お目にかかるのを楽しみにしています。由紀子ちゃんと夏休みの良い思い出をたくさん作ってくださいね。 敬具」このような葉書をいただくと、短くても親しみがこもって嬉しいものですね。この例文のように、人と人が出会って会話をする感覚を手紙にすると、少しあらたまった感じもします。しかし、親しみは同じです。この手紙の「結びの言葉」は「由紀子ちゃんと夏休みの良い思い出をたくさん作ってくださいね。」の部分になります。最初に「真夏日が続く中お元気でいらっしゃいますか。」と前文で挨拶をしています。そして本文で鈴木さんの娘さんについて書かれています。ですから単に「酷暑が続きますがご自愛ください」などの結びの言葉ではなく、娘さんもからめた「夏休みの思い出作り」としたのです。出会いのシーンも手紙のシーンも、同じような親しみと相手を思いやる気持ちが伝わってきますね。結びの言葉による締めくくりの大切さがお分かりいただけたと思います。

季節を問わない「結びの言葉」

前文に比べると結びの言葉は意外に少ないように思えます。だいたい決まり文句のようなものが多いでしょう。季節も何も難しい事を考えなくてさっさと手紙を出してしまいたい時は、「時節柄」が便利な言葉です。「時節柄、お身体を大切になさってください」は良いですよね。寒さ暑さにはもちろん。春や秋は季節の変わり目ですから、どんな時にも使える言葉です。そう考えると日本の四季は色々な言葉を使うチャンスを与えてくれるものの、考えるのが面倒になるとこの四季の在り方も面倒になってきます。日本の四季までも嫌うのは申し訳ないので、このような「時節柄」をぜひ使ってみてください。では、季節を問わない結びの言葉をいくつかご紹介しますので、手紙の最後にお使いください。

・時節柄、一層のご自愛のほどお祈り申し上げます。

・天候不順の折、くれぐれもご自愛下さいますようお祈り致します。

・時節柄、お身体を大切になさって下さい。

・酷暑(向暑)の折、皆様のご繁栄をお祈り申し上げます。

・厳寒(向寒)のみぎり、皆様にはどうかおすこやかにお過ごし下さいませ。

・これからも変わらぬお引立てを賜りますようお願い申し上げます。

・今後ともご指導くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

手紙の書き方  手紙の書き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
No articles