手紙の結びの言葉とその考え方、旧暦和名を使った5月の季節らしい文例

tegami

手紙の結び言葉の考え方

手紙の結び言葉は、出会った時の別れの挨拶のように最後に付け加えるご挨拶と同じものです。手紙だからといって特別に考えなくても良いのですが、それでも時間を割いて手紙を読んでくださったことに感謝の気持ちを添えるとか、健康を祈る気持ちとか、お互いに元気でまた会いましょうというような、何か最後に伝えたい言葉があると受け取った側も嬉しいものです。それらを言葉にしてみましょう。まず、手紙を読んでくださったお礼は「お忙しいところ失礼いたします。」「まずは取り急ぎ書中をもってお返事申し上げます。」など。健康を祈る気持ちはどの季節でも使える「時節柄ご自愛ください。」が良いですね。お互いに元気で…という気持ちは対等な友人関係などに使える言葉ですから「これからもお互い元気で頑張っていきましょう。また一緒に飲める日を楽しみにしています。」というようなものが良いですね。

5月の結び言葉

結び言葉がどのようなものかはわかりましたが、では、5月という季節に似合う結び言葉はどのようなものがあるのでしょうか。まずは季節について少し考えてみましょう。旧暦の和風名で5月は「皐月」(さつき)です。日本の手紙は季節感を大切にしますので、時候の挨拶に使うと良いですね。「皐月」以外にも「早苗月」(さなえづき)、「五月雨月」(さみだれづき)、があり、その他まだまだ5月の別名があり「雨月」(あめつき)、「田草月」(たくさつき)、「月不見月」(つきみずつき)、「梅色月」(むめのいろづき)、早稲月(わせつき)などなど、数えればきりがないほどの呼び名があるのです。良く見ると田んぼや稲の様子や季節の空や花の様子など、日本人の自然に対する感受性の豊かさがこのような多くの表現を言葉にしてきたと思われます。しかし、現代人の多くは自然に密着した田畑の作業から離れ、季節感のない生活を選ぶことなく過ごし、コンビニ弁当のメニューで初めて季節の変わり目を知るなど、寂しい限りの生活ではないでしょうか。そんな中で、季節を表す言葉を手紙に含ませるなどとはかなり難しいことでしょう。それならば形式的なことや相手を思いやるマナーだと心得て、使ってみるのも良いでしょう。季節感は書き出しの言葉として前文に使われることも多いのですが、もちろん結びの挨拶として最後に季節感のあることばと共に、お元気でお過ごしくださいという言葉で締めくくるのも良い形だと思われます。その時に一層身近に感じる言葉としては「五月晴れが続いていますね、素敵な休日をお過ごしください」、「天気予報では今年は梅雨が早くくると言われていますね、ご自愛ください」、「母の日は楽しく過ごされたことでしょう、また近況などお知らせください」、「爽やかで温かい春の風に心浮かれますね、またお会いしたいです」、「夏物の衣類を少し出してみました、お身体を大切に」など、自分の生活に密接な言葉を使うことで、照れずにマナーを全うすることになります。手紙の結びにさらっと気軽に使ってみてください。

5月の結びの言葉例文

5月の季節感を出しながら手紙の結びを各コツとしては、爽やかな季節であるということや、季節の変わり目であること、イベントがたくさんあるので各イベントを楽しむような結びになると自然ですね。ではここでいくつか結びの言葉の例文をご紹介しましょう。

・ 五月晴れの季節、お健やかにお過ごしください。
・季節の変わり目ですので、くれぐれもお体を大切になさってください 。

・五月晴れの空に泳ぐ鯉のぼりを見ると元気になりますね。お互いに頑張りましょう。
・一年中で最も爽やかな季節です。大いに楽しみましょう。
・夏は目の前とはいえ季節の変わり目、ご自愛くださいますよう。

・ 過ごしやすい季節になりましたが、お身体ご自愛ください

・ 梅雨入り間近でございます。どうぞお身体を大切にお過ごしください

・ゴールデンウィークのお土産話を楽しみにしています。
・新生活にも慣れてきたところでしょう。益々のご活躍をお祈りしています。

手紙の書き方  手紙の書き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
No articles