手紙の種類と切手料金

tegami

厚みのある書類や本などを封筒に入れて送りたいとき、「切手代っていくらかかるんだっけ?」と思うときがありますよね。よく「定形郵便物」や「定形外郵便物」なんて言葉を聞きますが、そもそもどの大きさが定形なのかわからない…。今回はそのような人のために、手紙の大きさの種類とその切手料金についてくわしくご紹介します。

手紙(第一種郵便物)の大きさと料金について

郵便局では、封書や箱などに入った郵便物である「手紙(第一種郵便物)」の大きさを「定形郵便物」「定形外郵便物」「ミニレター」「レターパックライト」「レターバックプラス」の5つの種類に分けています。料金もそれぞれの大きさで異なりますので、くわしくご紹介しましょう。

定形郵便物

■ 大きさ

(最小)9㎝ ✕ 14㎝ ~ (最大)12㎝ ✕ 23.5㎝

■ 厚さ

1㎝まで

■ 重さ

50g以内

■ 切手料金

25g以内 82円 / 50g以内 92円

定形外郵便物

■ 大きさ

(最小)9㎝ ✕ 14㎝ ~ (最大)30㎝ ✕ 60㎝

■ 厚さ

厚さを含めた3辺が90㎝以下

■ 重さ

4kg以内

■ 料金

50g以内 120円 / 100g以内 140円 / 150g以内 205円 / 250g以内 250円

500g以内 400円 / 1kg以内 600円 / 2kg以内 870円 / 4kg以内 1,180円

また、「短辺が6cm以上、長辺が12cm以上」の場合や、「円筒状で長さが14cm以上、直径が3cm以上」の場合も定形外郵便物となります。

ミニレター(郵便書簡)

ミニレターとは封筒と便箋が一体化している簡易書簡です。はがきの3倍のスペースがあり、写真、メモ、切手などを薄いものなら同封OKです。

■ 重さ 25g以内

■ 料金 62円

ただし、重さが25gを超えると定形外郵便物料金になりますので注意して下さい。

レターパック(ライト/ プラス)

レターパックとは、A4サイズで4kgまでなら全国どこでも一律料金で、信書も送ることができる便利なサービスです。ちょっとしたプレゼントを送ったり、オークションの商品発送などにも利用されています。レターパックには「レターパックライト」と「レターパックプラス」の2種類があります。

(レターパックライト)

■ 厚さ 3cm以内

■ 重さ 4kg以内

■ 料金 360円(全国一律)

■ 投函配達(受け取りの必要なし)

(レターパックプラス)

■ 厚さ 封さえ閉まればどんなに厚くてもOK!

■ 重さ 4kg以内

■ 料金 510円(全国一律)

■ 対面配達 (受け取りの必要あり)

ライト、プラスともに追跡番号がついているので、配達確認もできます。休日、祝日も配達可能です。ただし、補償はどちらもつきませんので注意して下さい。

まとめ

いかがでしたか?手紙の種類にはさまざまなものがあり、料金も大きく違うことがわかりましたね。用途に応じて、これらのサービスを上手に使えば、余計なお金を使わずにすみますよ。特にレターパックは全国一律料金ですから、送り先を気にすることなく、かなりお得な料金で手紙を送ることが出来ます。これからは、このような書簡やサービスを大いに利用しましょう!

手紙の書き方  手紙の書き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です