和風手紙と洋風手紙で違う…宛名や裏書きの方法とそのマナー

tegami

心をこめて手紙を書く前に

手紙を書くという事は、書き手の真心を文字にして送るということです。形式に捕われ過ぎても心が通じませんし、マナーに反した手紙ですと、社会人としての常識が問われてしまうわけで、気楽に…とも言えないのがつらいところです。ここではマナーとして、封筒の宛名書きや葉書の宛名書き、裏書きなどを覚えて、ある程度自信を持って手紙を書いていただけるようアドバイスをさせていただきたいと思います。基本ができていれば、文章の中に「心」をたっぷり書き表すことができるのですから。

手紙の書き方…封筒の宛名書き

手紙の形は大きく分けて封筒と葉書があります。宛名書きについては封筒も葉書も、相手の住所や名前が表側に入ります。自分の名前と住所という裏書きが、封筒は裏側、葉書は表側というように、違いがあります。

・和封筒の宛名書き

住所の書き方をご説明しましょう。まず、右上に郵便番号を書きますが、赤枠の中に丁寧に数字を書き入れます。都道府県名から書き始め、番地は漢数字を使います。ビルやマンション名を省略せず名称をしっかりと書き、○○号室まで書くことです。その場合、番地の横に1行目より少し下げて書き出しましょう。宛名が封筒のだいたい中心になるように文字を配置しましょう。個人宛ては名前の下に「様」、会社や部署宛ては最後に「御中」と書きます。数名の方々を相手に手紙を書いた場合は「ご一同様」と書きます。

・洋封筒の宛名書き

洋封筒の場合は使い方として縦書き、横書きの両方があります。文字を横書きにすることが多くなった現代は、洋封筒の宛名も横書きに使うことが多いようですが、あらたまった手紙や目上の人への手紙、不祝儀の手紙の時は縦書きになります。洋封筒の表書きは、縦使いなら上部右側に郵便番号、左側に切手を貼るスペースがあります。横使いなら右側の下部に郵便番号で上部に切手を貼るスペースがあります。

手紙の書き方…封筒の裏書き

葉書の場合は差出人の住所氏名を表側に書いても、裏側に書いても失礼にはなりませんが、封筒の場合は裏側に書くのが常です。そして間違えやすいことがあります。封筒の裏側には左下側に差出人の郵便番号を書く欄がありますが、よくその郵便番号欄の上に住所氏名を書くことが多く見られますが、これが間違いなのです。正式には住所氏名は封筒裏側の中央に書きます。間違いが多いので気を付けてください。

・和封筒

裏側には差出人の住所氏名を書きますが、中心よりやや右側から書き始め左側に名前を書くようにします。下側にはすでに郵便番号欄が印刷されていると思いますので、郵便番号を丁寧に書きましょう。そして正式には左隅の上側に縦に投函する日付を書きます。封筒をのり付けしたら重なった部分の中央に、一般の手紙なら「〆」「封」「緘」と書き封をします。慶事ではそれらの代わりに「寿」や「賀」と書くと良いでしょう。

・洋封筒

洋封筒の場合は横書きと縦書きの場合で書き方が違います。横書きの場合の裏書きは、郵便番号と住所が中心から下にくるように書き、名前は住所の中央から少し右に書きます。中央から左上側には差し出した日付を入れます。縦書きの場合は中央より左に住所と名前を書きます。左側の上部隅に投函する日付を書きます。洋封筒の場合の封の仕方ですが、一般的に横書きの場合は糊付けした後に「〆」や「封」は書きません。縦書きの場合は「封」と書きましょう。

手紙の書き方…葉書の宛名書き

葉書の表側全体を見ますと、右上に郵便番号、左上には切手スペース(既成葉書はすでに印刷されています)、左下には差出人の郵便番号を書くようになっています。葉書のスペースは宛名と差出人の住所氏名も書きますから、文字の大きさやバランスをよく考えながら書きましょう。宛名は住所を書き、中央に相手の名前を書きますが、住所の文字よりも少し大きめにします。そして左下に差出人住所氏名を書き、さらに下に郵便番号を書きますが、差出人の住所は小さめに書きましょう。そして差出人の名前はその住所の文字より少し大きめにしましょう。慣れていない人は、バランス良く書けるよう同じ大きさの紙に何度か練習すると良いでしょう。

手紙の書き方…葉書の裏書き

葉書の場合は封筒よりもカジュアルに考えますので、差出人の住所や名前を表側に書いても良いですし、裏側の文末に書いても失礼にはなりません。

不祝儀封筒の裏書き

不祝儀のときは通常とはすべて反対にします。封筒裏側の右に住所と名前を書きます。封も左前になるようにします。不祝儀というものは悲しく、日常とは違うという意味を持つので多くの物事が日常と反対になる事が多いように思われます。それだけ「非常」という意味を押し出すことになるのでしょう。十分に気を付けてください。

手紙の書き方  手紙の書き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
No articles