季節感のある手紙文の書き出し…2月の手紙の最初の挨拶と文例

tegami

手紙は決して難しいものではない…という意識をもつ

手紙を書く…という意識を持たずに手紙を書く方法があるとしたら、これは手紙に不慣れな人にとっては嬉しいことですね。むしろ手紙!嬉しい!書いてみよう!と思えるようになるとしたら、立派な大人として、社会の一員として、素晴らしい技術を手に入れるようなものです。そのアドバイスをひとつ。もしあなたが、大変な仕事のプロジェクトを任され、その仕事がようやく終わった時、一緒に仕事をした後輩や部下から「お疲れさま」との気持ちで贈り物をもらいました。そのままもらうのと、そこに手紙が入っていたらどうですか?普段、顔を合わせて長時間仕事を一緒にしているにもかかわらず、温かい言葉がカードに書かれていたらどう感じますか?きっと言葉で「先輩、今回うまくいって良かったです。先輩のお蔭ですよ、ありがとうございます!」と言われるのも嬉しいけれど、それ以上の感激があるはずです。手紙とは、心の中をそのままに、思い立った時に時期をはずさずに書くことです。基本的な形式は調べておきましょう。大切な事は主文となる用件の部分で、あなたの気持ちを言葉にする部分に心が込められているかです。最終的には形式よりも季節感と心が伝わっているかどうかによって手紙の良さが左右するのですから。

2月とはどのような季節でしょうか

2月は如月(きさらぎ)と言われます。この意味は「寒さのためにさらに着物を重ねて着るので衣更着」という言葉から生まれた言葉のようです。節分、立春、雨水という季節。節分は2月3日頃で立春の前日をさし、季節の変わり目という意味から来ている言葉です。立春は2月4日でこの日から季節が春になるということ。雨水は2月19日頃で、この頃から水が温みはじめ、植物の芽吹きがあるということを意味します。手紙文の中では季節感を出すのが良いので、特にその季節の天気や花の名前などを憶えておくと良いでしょう。2月の天気を表す言葉は2月の上旬でしたら、あられ、霧氷、雪解け、中旬には余寒、春一番、下旬には三寒四温、東風などを使うと良いでしょう。また、花の名前を取り入れてみるのも良いですね。上旬には梅、クロッカス、山茶花(サザンカ) シクラメン、ふきのとう、雪割草、椿、下旬には福寿草、金魚草、マーガレット、ねこやなぎなど。自分で身近に感じる花、例えば家の庭に咲く花、ご近所の庭に咲く花、近所の街路樹だったり、身近で毎年季節を感じさせてくれている植物について、その様子を手紙の一言に加えてみると良いでしょう。

2月の上旬、中旬、下旬によって違う手紙の書き出し

2月上旬の頃の書き出し

・立春の候 貴社におかれましては益々御清祥のこととお慶び申し上げます。

・暦の上では春となりました。本格的な春が待たれるこの頃です。

・春とは名ばかりの厳しい寒さが続いています。

2月中旬の頃の書き出し

・拝啓 春寒の候 いかがお過ごしでしょうか。

・拝啓 向春の候 皆様におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

・頬にあたる風に早春の気配を感じる頃となりました。

2月下旬の頃の書き出し

・早春の凛とした空気が木々を包んでいます。

・早春の候 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

・雨水を過ぎても今年の寒さはひときわ厳しいようです。

2月、季節の言葉

お気づきのように、季節というものは自然のものですから、毎年同じように巡ってくるとは限りません。立春でもまだまだ寒く、雪が積もるような年があったかと思うと、もう春の陽気でうららかな日差しの続く歳もあるでしょう。手紙は形式にのっとりながらも、伝える言葉は実感する感覚をそのまま文章にするのが良いでしょう。2月の季節の言葉も参考にしてください。節分、立春、雨水は説明しましたが、その他に、凍解(いてどけ)といって、冬に凍てついたものが一斉に解け始めることを表します。余寒(よかん)は、立春後の寒さのことを言います。寒の戻りのように寒さは開けたのにまだ寒いという意味です。そして春一番(はるいちばん)は 春になって初めて吹く強い南風のことで、春の嵐ともいいます。下萌(したもえ)は、春になって草の芽が地上にのびて出てくることを言います。冬枯れの地面から植物の芽が顔を出すさまは、植物の生命の強さを思わせるものです。雪間草(ゆきまぐさ)は、春になり段々と温かくなりまわりの雪が解け始めてその間から萌え出した草の芽をいいます。2月というのは寒さの中に少しの春の兆しを見つける言葉がたくさんありますので、これらの言葉を手紙に添えて春を待つ気持ちを共有してみましょう。

手紙の書き方  手紙の書き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
No articles