季節感のある手紙の書き出し…5月の手紙の最初の挨拶と文例

tegami

手紙の書き出しの大切さ

手紙というものは書き出してしまえば、あとは日常会話的に伝えたい事柄を書くだけで良いのですから、書き出しを乗り越えてしまいましょう。書き出しというのは季節感を出せる部分です。ここで季節感を出すと素敵なしっとりとした大人らしい手紙になります。手紙を書くことがおっくうで仕方がない、と思うのは結局この書き出しの言葉が浮かばないからなのです。季節に合わせていくつかお気に入りの文章を覚えておけば、手紙が得意になるかもしれません。いかがでしょうか。定番の文例をいくつか覚えてみませんか?

5月は夏なのです

5月という時期は、春の花が終わり、緑が芽吹き、まだ梅雨の前というやっと良い季節になってきたと思えるので、私たちは春という意識がありますが、日本では古くから古代中国で考案された暦を取り入れていますので、そこから考える二十四節気という考え方では、5月は夏にあたるのです。5月を陰暦でいいますと皐月(さつき)と言います。天気にも恵まれるのでイベントも多いですね。端午の節句、ゴールデンウィーク、そして緑が美しい季節ですからでかけることも多いです。友人や家族で出かけた事を手紙にして伝えるのも良いでしょう。

5月とはどのような季節でしょうか

二十四節気でいうと5月6日頃が立夏(りっか)といい、暦の上では夏の始まりで、この日から立秋の前日までが夏季となります。新緑の季節で、蛙が鳴き出すのもこの頃からです。夏といっても、本格的な夏はまだまだ先で、日差しが強くなり少し気温も高くなりますが、暑くもなく寒くもなく、湿度も低くさわやかです。とても過ごしやすく、レジャーやお出掛けに最適の季節です。そして5月21日頃を小満(しょうまん)といい、これは立夏から数えて15日目頃です。陽気が良くなって、草木が成長し、すべてが満ち始めていくことから、小さく満る、小満といわれているのです。この頃になるとようやく暑さも加わり、田植えの準備が始まる頃でもあります。陽気が満ち満ちています。

5月の上旬、中旬、下旬によって違う手紙の書き出し

5月上旬の頃の書き出し

・風薫るさわやかな五月、もうすぐゴールデンウィークですね。

・吹く風も心地よく、半そででも気持ちよく過ごせる季節になりました。

・連休で観光地が賑わうこの頃…

5月中旬の頃の書き出し

・庭の薔薇の花が美しく咲き始める季節になりました。

・新緑がまぶしい季節、いかがお過ごしでしょうか。

・近所の公園では赤やピンクのつつじの花が咲き始めています。

・青葉に風が通り過ぎるすがすがしいこの季節が大好きです。

5月下旬の頃の書き出し

・吹く風が、夏めいてまいりました。

・残春となり街路樹の緑もより深まってまいりました。

・軽暑の候、日ざしに初夏を感じるころとなりました。

5月、季節の言葉

手紙では季節感が大事ですが、季節を表す言葉をできるだけたくさん覚えておくことが大切です。そしてその言葉をいくつか取り入れながら文章を組み立てていくことが大切です。では、いくつかご紹介しましょう。「夏めく」という言葉がありますが、これは春だけれども夏らしい暑い気候になってきたことを言います。また、「卯の花くたし」という言葉は、5月から6月上旬にかけて、しとしとと長く降り続く雨のこと。また、「くたす」という言葉はものを腐らせることだったり、だめにするという意味を持ちます。卯の花を腐らせてしまうほどの長雨を表すもののようです。

その他の5月の単語としては、八十八夜、憲法記念日、みどりの日、立夏、こどもの日、

端午の節句、母の日、小満、潮干狩り、母の日の贈り物選び、夏物衣類の準備、ゴールデンウィーク、鯉のぼり、五月人形、柏餅、青梅、新茶、田植えなどです。どの言葉も季節感のあるもので、休日だったりお祝い事だったり、家族で祝い膳を囲む様子が目に浮かぶような言葉もあります。また、季節の食べ物につながる言葉も家族や友人知人との楽しい食事の場面につながります。田植えなどは都会ではなかなか味わえないものですが、地方では目にする光景です。自分の生活の周りにある季節の変化を感じ取ることが、より素敵な手紙を書き出すことができるのではないでしょうか。

手紙の書き方  手紙の書き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
No articles