8月に大活躍!残暑見舞いってそもそも何?今更聞けない残暑見舞いの手紙の書き方

tegami

夏に贈る手紙といえば、残暑見舞いがあります。しかし、年賀状などと違って、あまり出す機会もないかもしれません。ですから、どのような内容を書けばいいのか戸惑う方もおられるでしょう。
残暑見舞いの例文として一般的なものと、会社の上司へ送るものをいくつかご紹介します。

一般的な残暑見舞いの例文

残暑お見舞い申し上げます
立秋とはいえ、連日の猛暑が続いておりますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。
本物の秋はまだ遠く感じられますが、秋には家族で○○へ行く予定でございます。
残暑厳しき折、どうぞご自愛くださいますようお願い申し上げます。

残暑お見舞い申し上げます
ようやく朝夕の涼しさが感じられるようになりました。
皆様お変わりなくお過ごしのことと存じます。
今年も紅葉が綺麗に色づきそうです。また皆様でお越しくださることを楽しみにしております。

残暑お見舞い申し上げます
連日の猛暑には閉口しております。皆様はお変わりなくお元気にしていらっしゃいますでしょうか。
去年は皆様とバーベキューをしたのが懐かしいですね。
今年も少し涼しくなってまいりましたので、良ければ○日のパーティーにご参加くださいませ。
くれぐれもお体に気をつけてお過ごしください。

上司へ送る残暑見舞いの例文

残暑お見舞い申し上げます
今年も猛暑が続いておりますが、お元気でお過ごしのことと拝察申し上げます。
私は束の間の休息として家族で○○へ行く予定でございます。○○(上司の役職名)もきっとご家族と楽しまれていることと存じます。
仕事に戻りましたら、今まで以上に邁進したいと思います。
この暑さ厳しき折、くれぐれもご自愛くださいますようお願い申し上げます。

残暑見舞い申し上げます。
立秋を迎えたとはいえまだまだ暑い日が続きますが、お元気でお過ごしでしょうか。
私は一家そろって○○で楽しんでまいりました。リフレッシュできましたので、○日からはさらに仕事に邁進できるかと思います。
残暑厳しき折、どうぞご自愛くださいますようお願い申し上げます。

まとめ

残暑見舞いは特に形式が定まっているものではありませんが、暑い夏に相手の体調や様子を伺いながら近況を報告すると良いでしょう。普段はあまり手紙を出すことのない友人や恩師へ宛てても喜ばれることと思います。日本の夏はとても暑くなってきていますので、少しでも涼しくなってもらえるよう清涼感のある絵柄の葉書などを選ぶのも楽しみの一つです。夏休みを取っている社会人は、夏休みが明けたら、さらに仕事に熱心に取り組む姿勢を手紙の中でアピールすると良いでしょう。きっと上司が活躍を見守ってくれることと思います。

手紙の書き方  手紙の書き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です