いつも家族のためにいろいろとありがとう!お母さんも喜んでくるはず!母の日に喜ばれる手紙の書き方

tegami

母の日は、産んでくれた実の母親に最も感謝する日です。長年愛情をかけて育ててくれた母親に、いつもなら言えないことをプレゼントと共に手書きの手紙を添えることで、きっと喜んでくれるでしょう。
血の繋がった実の母親と、結婚して嫁いだ方が義理の母親に出す手紙の書き方を紹介します。

実の母親に出す手紙の例文

お母さん、いつも家族のために美味しい料理を作ってくれてありがとう。
お母さんの作る○○は、いつも私に元気をくれます。
今日は母の日ということで、ささやかですがプレゼントを贈ります。
気に入ってもらえると嬉しいです。
これからも、体に気をつけて元気でいてくださいね。

お母さんお元気ですか。
いつも家族の世話をしてくれてありがとう。
ささやかですが、お礼の気持ちを込めて、お花を贈ります。
お母さんの好きな〇〇です。
これからもお父さんと仲良く元気でいてください。

お母さん、こんにちは。その後、順調ですか。
もう直ぐ母の日ということで、カーネーションを贈ります。
身体を大事にして、いつまでも元気でいてください。

お母さん、お久しぶりです。
なかなか電話などできなくてごめんなさい。
でも、いつもお母さんのことを思っています。
体調はどうですか?まだ肌寒い夜もあるので、気をつけてくださいね。
お母さんにささやかですが母の日のプレゼントを贈ります。
気に入ってもらえたら嬉しいです。

義理の母親に出す手紙の例文

お母様へ
いつも○○(孫の名前)たちの面倒を見てくださって、ありがとうございます。
○○もいつも、お母様と一緒にいる時間がとても楽しいようです。
母の日ということで、ストールを選びました。
これからの季節にどうぞ使ってください。
いつまでも元気なお母様でいてください。

お母様へ
○○さん(旦那の名前)と一緒になって、もう直ぐ1年です。
嫁いでからもよくしてもらって、とても日々ありがたく感じています。
こうしてお嫁にこれて、私は幸せです。
お母様に使っていただきたくて、こちらの品を選びました。
気に入ってもらえると嬉しいです。

お母様へ
いつも私たち夫婦のことを気にかけてくださり、ありがとうございます。
おかげさまで、元気に暮らしています。
そちらも皆様お変わりありませんでしょうか。
お母様とお父様のように、いつまでも仲睦まじくありたいものです。
ささやかですが、お母様の好きな花を選びました。
これからも元気でいてくださいね。

まとめ

母の日には、やはり今まで受けた愛情などに対して、素直に感謝する気持ちを表したいものです。同居している場合は、なかなか普段「ありがとう」を言う機会が少ないかもしれませんし、気恥ずかしさもあるかもしれませんが、母の日こそがチャンスです。今まで育ててくれたことに感謝のメッセージを送りましょう。また、遠く離れて暮らしている場合でも、いつも気にかけてくれていることをありがたく思って、母の日のプレゼントと共に手紙を添えると喜んでくれること間違いなしです。心のこもった手書きの手紙は、やはりもらって嬉しいものです。
義理の母親に対しても、お嫁に来てからいつもお世話になっていることへのご恩を忘れずに、心を込めて手紙を書いてみてはいかがでしょうか。

手紙の書き方  手紙の書き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です