英語で簡単に手紙が書ける!こんな時はどう英語で書けばいい?さよならやまた会おうを正しく伝えるには?

tegami

いよいよ「英語で手紙を書こう!」シリーズの最後の回になりました。前回までに「宛名」「書き出し」「本文」の書き方をご紹介してきましたが、最後は「結び」の表現の仕方をご紹介します。日本語の手紙同様、英語の結びの表現は手紙の最後に相手の健康に配慮したり、活躍を祈る気持ちを書くなどして相手への思いやりの気持ちを伝えます。結びの印象は手紙全体を左右すると言っても過言ではありません。素敵な結びの表現をたくさん覚えて、心のこもった英語の手紙を完成させましょう。

親しい人に出す場合の表現

友人など親しい人に出す手紙の場合はそれほどかしこまる必要はありません。話し言葉のような表現でも逆に親しみがあってよいでしょう。よく使われる表現をいくつかご紹介します。

■ See you soon,   (じゃあね)

■ Take care,    (元気でね)

■ Bye for now, (またね)

■ Later, (またね)

■ Looking forward to hearing from you.    (返事楽しみに待ってるよ)

■ Write me back again! (返事ちょうだいね!)

■ Good luck! (がんばって!)

上記の表現の最後に「, 」(コンマ)を入れて、その後にファーストネームを書きましょう。ただしファーストネームは面識のある親しい相手のみにしましょう。

例:See you soon, Yoko.   (またね、陽子)

フォーマルな相手に出す場合

ビジネス関係などフォーマルな相手に出す手紙の場合は、親しい相手に出すような話し言葉の表現では失礼にあたります。フォーマル場面に使える表現がいくつかありますのでご紹介しましょう。

■ Sincerely,   (心を込めて)

ビジネスシーンで使われる最も一般的な表現です。何を書いていいかわからない場合はこれを書けば大丈夫です。

■ Sincerely yours,  (敬具)

■  Yours sincerely,    (敬具)

■ Yours truly,     (敬具)

これらは最もフォーマルな結びの表現です。面識のない相手に出す場合に使われます。

上記の表現の最後に「, 」(コンマ)を入れて、その後にフルネームを書きましょう。ある程度面識のある相手であればファーストネームだけでも構いませんが、迷う場合はフルネームの方が無難でしょう。

例:Sincerely yours,  Tanaka Keisuke  (敬具 田中啓介)

どちらにも使える表現

フォーマル、インフォーマルに関わらず使える便利な表現をご紹介します。ただしあまり面識のない人には、表現の後にフルネームを書くようにしましょう。

■ Regards,  (よろしくお願いします)

■ Kind regards, (かしこ)

■ Best regards,  (どうぞよろしくお願いします)

■ Best wishes,  (ご多幸をお祈りいたします)

例;Best regards, Tanaka Keisuke (ご多幸をお祈りいたします 田中啓介)

まとめ

いかがでしたか?英語の結びの表現をたくさんご紹介いたしましたが、すべて相手に対する配慮や思いやりの気持ちが含まれており、その意味では日本語の結びの表現と同じだということがお分かり頂けたと思います。今回の結びの表現の紹介で「英語で手紙の書き方」のすべてをご紹介することが出来ました。最初は難しく感じるかもしれませんが、手紙の基本である「相手を思いやる気持ち」があれば、必ず素敵な手紙を書くことができるようになりますよ。まずはペンを取って書いてみましょう。新たな世界に出会えるかもしれませんよ。

手紙の書き方  手紙の書き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です