就職おめでとう!立派な社会人への第一歩を祝って。親戚の子や知人に使える就職祝いの手紙の例文

tegami

昨今はまだまだ就職に関して、厳しい争いが続いています。第一志望の企業などに入れなくとも、内定を得たことでホッとしている学生はたくさんいるでしょう。今まで学業と並行して、就職活動をしてきた方に、ねぎらいとお祝いの言葉を送る際に、どのようなフレーズがあるのかをご紹介します。

親戚の子に出す就職祝いの例文

◯◯へ
就職おめでとう。
お祝いに何か贈ろうと思ったのですが、好みがわからないので、商品券にしました。
新しい生活に役立つものでも買ってください。
新しいスタートを祝し、活躍を祈ります。

◯◯へ
就職おめでとう。
今までよく学業と並行して頑張りましたね
会社でも良い人間関係に恵まれることをお祈りしています。

◯◯へ
就職おめでとう。
お父さんやお母さんもきっと喜んでいることでしょう。
上京するとのことで、引っ越し準備も忙しいでしょうが、
少しでも今のうちに余暇を楽しんでください。
これからの新しいスタートも幸先良いものであることをお祈りしています。

○○へ
就職おめでとう。
ずっと行きたい業界だと言っていたので、決まったと聞いて私も嬉しいです。
今までの努力が報われましたね。
お世話になった周りの方にも感謝して、これからの新生活も充実させてください。

就職・転職した友人知人へ出す就職祝いの例文

○○へ
就職おめでとう。
ずっと○○が頑張ってきていることを見てきたので、自分のことのように嬉しいです。
いつも明るい○○なら、すぐ会社にも溶け込めると思います。
体に気をつけて、これからも頑張ってください。

○○へ
就職おめでとう。
いろいろ相談してくれたので、○○が内定をもらったと聞いて嬉しいです。
たくさん悩んだ分、報われましたね。
慣れないこともあると思うけれど、またいつでも相談してください。
新しいスタートが幸先良いものでありますように。

○○へ
転職おめでとう!
ずっと○○が悩んでいたことを知っていたので、行きたい業界に転職できたことを嬉しく思います。
まだ慣れないことがたくさんあると思いますが、努力家な○○ならきっとすぐに慣れるでしょう。
体に気をつけて、頑張ってください。

まとめ

就職祝いは、高校や大学祝いなどを経て、これが最後の試験だという方もおられるでしょう。中には就職してもたくさんの資格試験を突破しなければならない方もおられますが、これで一息ついた方が大半だと思います。そのような意味で、今までの苦労をねぎらい、余暇を楽しんでから新生活をフレッシュな気分で迎えられるようにお祈りしましょう。また、ずっと行きたい業界や会社などに転職された場合も、慣れないことがあると思いますが、その旨を後押ししてあげるような書き方が望ましいです。きっと貰った方は、勇気が出ると思います。

手紙の書き方  手紙の書き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です