左利きでも書きやすく使いやすいペンランキング

tegami

左利きの方にとって、日本語や英語を書くときはペンのインクが擦れてしまったり、手についてしまうことが悩みの種になることは多いにあると思います。いつも文字が掠れてしまうという悩みだけでなく、ペン先がつぶれたり、インクが途中で出なくなるというアクシデントに見舞われることもあるでしょう。今回は、左利きの方にも使いやすいペンをランキング形式でご紹介致します。

1位 ゼブラ サラサドライ(240円)

紙に浸透しやすい新成分を配合したことによって、書いた直後に触れても汚れなくなっています。その乾燥時間は従来のものに比べて85%も縮まっていますので、左利きの方が書いた直後の文字に手を置いても、汚れにくくなっています。サッと取り出してメモをするときに、大事な文字がにじんだりかすれたりすることがないので、左利きのビジネスマンなどにオススメの一本です。

2位 三菱鉛筆 パワータンク(216円)

加圧式のボールペンで、上向きでも書ける画期的な商品です。壁に掛けてあるカレンダーなどにも書けますので、左利きの方が押すようにしてペン先を転がしても、インクがきちんと出てきます。普通のボールペンだと、押すようにして書くとインクが出なくなりがちですが、そのような心配がないので、左利きの方にも書きやすいボールペンと言えます。

3位 ぺんてる ゲルインキボールペン スリッチ(216円)

削り出しのニードルチップが内蔵されたペン先ですので、折れたり曲がったりしないので、紙に押しつけて書くようにする左利きの方にも、書きやすいペンとなっています。インクも速乾性が高いので、手を文字の上に置いても指に付着することがありません。細身のボディもまた、持ちやすくなっています。

4位 STABILO 水性ボールペン イージーゲル左手用(1,200円)

スタビロのボールペンから、左利き専用のボールペンが販売されています。人間工学に基づいた設計で、持ちやすさなどを追求したフォルムとなっています。また、長時間の使用でも疲れにくく、力を入れて持ちがちな方にとっても楽に書けるボールペンです。お値段は少し高めですが、よく筆記する方にはもってこいの商品です。

5位 トンボ鉛筆 エアプレス(648円)

ノック式の油性ボールペンで、加圧式ですのでどんな場所でも向きでも書けます。携帯に便利なコンパクトサイズですので、手帳などへの筆記に適しています。トンボ独自の加圧システムであるエアプレスを搭載することによって、ノックの度にインクが出やすくなっていますので、左利きの方にも適しています。

まとめ

今は利き手の矯正などをあまり行わない時代ですので、左利きの方でもストレスなく書けるペンが重宝されています。加圧式はどんな場面でも書くことができますので、とても画期的だと思いました。せっかく買った新しいペンなのに、インクが出てこないというのはとても悲しいです。たった数百円の出費でも、何度も重なれば大きなロスになりますので、最後までインクが出てくるペンは左利きの方にとって朗報だと思います。人口工学に基づいた設計なども、負担なく書けて大変機能的だと思いました。ペンを選ぶ際の基準として参考にしていただけると嬉しいです。

手紙の書き方  手紙の書き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です