持ちやすくて疲れにくい人気の書きやすいペンランキング

tegami

ペンは毎日、重要な会議でメモを取ったり電話の受け答えで片手でさらさらと書きたいものです。ペンを片手に、もう片手に受話器を持つような方は、特にストレスなく書けるペンが欲しいと思います。しかし、毎日使うものでしたら、もちろん消費も早いと思います。今回は、そういう方のために、安いけれど書き味は抜群でコストパフォーマンスの良いペンを探してみました。どんなシーンでも活躍する書きやすいペンランキングをご参照ください。

1位 三菱 ジェットストリーム0.38(150円)

クセになる書き心地として海外からも高い評価を得ているペンです。従来のペンと違い、筆記速度が変わってもインクが出てくる仕組みになっているので、かすれたりしません。新開発のインクは乾きも早いので、汚れにくく、また色濃く発色するので大事な書類への書き込みなどに最適です。ツインボール機構の搭載で、インクの逆流も防いでいますので、最後まで使い切ることができるペンです。

2位 三菱 パワータンクスマートシリーズ エントリーモデル(162円)

三菱鉛筆のパワータンクシリーズは、逆さであっても書けるという特殊なペンです。インクを加圧することで、渋滞はボールから液体が遠ざかっていましたが、どんなシーンでも書けるようになっています。ですので、移動中や壁面にメモを貼り付けて書くことも楽々ですのでストレス知らずのペンと言えるでしょう。インクが出てこないという一番のイライラを解消してくれるペンとして、最後まで使えますのでコスパも良いです。

3位 ぺんてる ユニボールエア0.5mm(164円)

このペンは、使う人の筆圧に合わせてインクを出してくれるペンですので、どんな方でも使いやすいペンと言えます。筆圧や角度によってペンから出てくるインクが違いますので、万年筆のような書き味を体験できます。筆圧にお悩みの方にはうってつけのペンです。ぎゅっと力を入れなくても書けるのが嬉しい一品です。

4位 パイロット Vコーン(75円)

とても低価格で、最後までインクを使いきれるペンとしては最強のペンと言えます。ペン軸に直接インクがそのままたっぷりと入っていますので、最後までしっかりとインクを使い切ることができます。とにかく筆記量の多い方、速記をしなければいけない方には最適のペンと言えるでしょう。価格帯も100円以下ですので、経済的にも嬉しい一品です。

5位ぺんてる 水性ボールペン0.6mm(76円)

書きやすくて安いペンとしては、このぺんてるのボールペンが挙げられます。ちょうど良い太さで、滑らかに書けて低価格ですので、大量にペンを使うオフィスでは重宝されます。見た目は高級感などはありませんが、ボールペンの定番といえる商品ですのでまとめ買いをしておいても後悔しないでしょう。

まとめ

最近はボールペンと言ってもインクがかすれない設計であったり、筆圧が違っても書けるというペンがとても安くで売られていてびっくりしました。こんなに機能性に優れているのなら、もっと値段が高いのだと思っていましたが、200円もせずにコスパ最強の書きやすペンが買えます。これなら一本まずはお試しに買ってみてもいいかもしれません。お気に入りの書きやすいペンが見つかると、仕事や勉強も捗流ような気がして楽しくなってくるものです。お店で試し書きができるようであれば、一度試し書きをしてみるといいかもしれません。紹介させていただいたペンは多くの方から良いレビューをもらっているペンですので、きっとストレスなくサラサラと筆記できると思います。書きやすいペンで、疲れ知らずを目指したいですね。

手紙の書き方  手紙の書き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です