500円以下で買える実用的なペンランキング

tegami

ボールペンと一口に言っても、水性からゲルインクまで様々なインクの種類や、ペン先の太さがあります。最近はたくさん種類があって、文房具好きな方は見ているだけでも楽しめると思います。お店で試し書きをするチャンスがあれば良いですが、お急ぎの場合や、迷っている場合はどれを買えば正解なのかわからないことも多いでしょう。今回は様々なシーンで活躍するボールペンで、500円以下で買える実用的なペンをご紹介します。使用用途や目的に合わせてチョイスしてみましたので、ぜひ、参考にしてみて下さい。

1位 ゼブラ ジェルボールペン サラサクリップ(83円)

ジェルインクの滑らかな書き心地と、優れた耐水性を持つペンです。濃く発色しにじまないので、イラストを描く方や勉強などで使用する方にオススメのペンです。可動式バインダークリップと発色の良さ、そしてキャップのない点、そしてバインダーに挟んで、様々な色で注釈を書くことができますので吹奏楽をやっている学生さんにもオススメなペンのひとつです。

2位 ゼブラ ゲルインクボールペン サラサドライ0.5mm(210円)

紙に浸透しやすい新成分を配合したことにより、滑らかな書き心地と速乾性を併せ持っています。乾燥時間が従来のものに比べて85%も早くなっていますので、書いてすぐに触っても擦れません。また、色の濃い染料を用いていますので、くっきり鮮やかです。サインなどが多い方にもオススメのペンです。

3位 ぺんてる ノック式エナージェル0.4mmシルバー軸(216円)

オトナを演出するシルバー軸のデザインと、濃い発色のインクが特徴です。滑らかな書き心地で、負担なくスラスラと書くことが出来ますので、手書きの手紙などにも最適です。濃く鮮明な発色で、読みやすい字を書くことができるお手頃な大人のペンとも言えます。

4位 三菱鉛筆 ゲルボールペン ユニボールシグの極細0.38mm(162円)

粘度の高いゲルインクと、ペン先のボールで液状になる特徴から、滑らかな書き心地が味わえます。また、書いた後にゲル状に戻ろうする特性から、文字が濃く滲まないので極細でもしっかりと発色します。従来のインクよりも耐水性や耐光性に優れており、色褪せしにくいのも特徴のひとつです。太さも程よく細いため、履歴書などを書くのにも適しているペンです。

5位 パイロット フリクションボール ノック 0.5mm(161円)

こちらは消せるボールペンのフリクションボールですが、ノック式が登場しました。熱摩擦により、インクが消える仕組みとなっており、公文書や証書以外ならなんでも使用できます。消しゴムのカスが出ないので、ピアノなどの楽器をやっておられる方にもオススメです。また、ビジネスシーンでも消しゴムや修正液が使えない移動中などのシーンでも使えますので便利です。手帳に予定を書き込んでも、後から消せる点が嬉しい点です。
スメなペンです。

まとめ

今はゲルインク性のペンが主流になっており、あらゆるシーンで使うことができる優れものがたくさん販売されています。引っかかりがなく、さらさらとストレスなく書けるペンは、オフィスでも学校でも大活躍ですし、何より字を綺麗に見せてくれます。なかなか手書きの書類を書く機会がなくなってきた昨今ですが、やはり手書きの手紙などをもらうと嬉しいものですし、書いていて気持ちもいいと思います。また、色あせもしにくいペンが生まれてきたので、カラフルな寄せ書きなどにもぴったりだと思います。最近は熱摩擦で消せるフリクションボールなどの機能的に優れたペンもあり、「こんなの欲しかった!」という思いが叶っています。手にとって書いてみたくなるようなペンを紹介させていただきました。

手紙の書き方  手紙の書き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です