おしゃれで使いやすいLAMYの人気ペンランキング

tegami

LAMYはドイツのペンメーカーであり、デザイナーによる想像力豊かな製品作りに力を入れています。「機能によって形作られるデザイン」というバウハウスから影響を受けた信念のもと、デザイン性も高いペンが生み出されています。LAMYのペンはデザイン性だけでなく、機能性にも優れているので、クリエイティブな職種の方はもちろん、あらゆる方に愛されています。そんなLAMYのペンをランキング形式でご紹介したいと思います。

1位 ラミー ペンシルサファリo.25mm(2,700円)

ラミーのボールペンといえばコレ!という方も多いはずです。1980年に生まれたこのペンは、持ちやすい太めのグリップや、大きめのクリップなどが特徴的です。バウハウスの思想を汲んだ人間工学に基づいたシンプルで飽きのこないラミーのペンの代表格です。ビビッドな色使いが、クリエイティブな方にお勧めの一品です。

2位 ラミー 万年筆 ペン先EF(極細字)サファリ(4,666円)

持ちやすくて軽い樹脂製のボディと、滑らかなスチール製のペン先が付いており、ブルーのインクが入っています。万年筆で書いてみたいけれど、重そうで少しためらっているという方にも使いやすい万年筆です。やや細めのペン先で、手帳などにスケジュールを書き込むこともできます。毎日が楽しくなりそうな万年筆です。

3位 ラミー 4色ボールペン2000L401(12,960円)

今から半世紀ほど前に作られたペンとは思えないほど洗練されたフォルムと、機能性を持っているラミーの定番商品です。粘度の高いインクを使用しているので、濃くてくっきりした線を書くことができます。また芯も取り替え可能ですので、長く愛用していけるペンです。

4位 ラミー 複合ペン4ペンL497(10,800円)

スリムなフォルムと、自由にグリップ部分の色を変えられる遊び心ある複合ペンです。ノック部分が多少長めに出ているところは好みが分かれますが、エレガントにも見えます。オフォスで使用しても違和感のないデザインも素敵です。

5位 ラミー 万年筆 ペン先F(細字)アルスター(5,400円)

サファリシリーズのアドバンスコレクションとして開発された「アルスター」はサファリを卒業した大人の方向けのデザインとなっており、少々軸が太めになっています。またアルミニウムのボディが洗練されたイメージを与えます。ペン先の細さはラミーの万年筆で最も人気のある細さです。

まとめ

サファリシリーズなどのビビッドな色合いから、複合ペンなどのシックな落ち着いた色合いまでモダンんを追求したデザインがとてもおしゃれだと思います。文房具はただ書ければいいというものではなく、愛用するものだからこそいいデザインや手になじむ質感のものを選びたいという方には、ラミーのペンはオススメだと思います。個人的に太めのグリップであるアルスターなどはおしゃれな男性に持って欲しいペンです。万年筆でもカジュアルに使いたい!という方はラミーの万年筆から試してみるのもいいかもしれません。気軽に日常使いできそうなデザインがとてもシンプルなのに心奪われます。

手紙の書き方  手紙の書き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です