あなたのヘソ曲がり度診断!「悲」の漢字、どう書く?

「ヘソが曲がっていると言われる方が嬉しい」と言っていた人がいました。

大体は「素直な人ね」と言われる方が喜ばれますが、生まれついての「ヘソ曲がり」には「曲がっている」と言われるのは名誉なことなのかもしれませんね。

あなたが書いた手紙の中に「悲」という文字がありませんか?あればその1文字で「ヘソ曲がり」や「散財のくせ」などが診断できます。

1.「非」の横線を右ききなのに「右下がり」に書いてしまう

2.上部の「非」の横線を平行に等間隔に書いている

3.「心」の点を続け字にして書く

4.「心」の右側2つの点を広く書く傾向がある

あなたの「悲」という文字はどんな書き方ですか?

1.上部の「非」の横線を右ききなのに「右下がり」に書いてしまうあなたの心理は

普通文字を書くとき、右ききなら「右上がり」になりやすいのでこの場合は珍しい筆跡です。教科書体でも若干の「右上がり」になっていますね。

この筆跡の人は心理的に「人と同じ」とか「似ている」ことを嫌うので「ヘソが曲がっている」と言われることがしばしばです。

性格的には判断するときの瞬発力がありません。しかし、その代わりに周囲の動きを見極めてから自分の行動を起こすという特徴があります。なので失敗はあまりありませんね。

ちょっと世の中を斜めから見ている風変わりな人物と言えるでしょう。

2.上部の「非」の横線を平行に等間隔に書いている人は「心が無表情」?

常に論理に従って行動しているので、感情を持たないかのように見えることもあるでしょう。

度を越すような几帳面さを持っているため、観察してみるとよくわかります。机の上にあるものは右から左、常に同じ位置に同じ数だけあるのでは?

この筆跡の人は何か一つの目指すものを見つけたら、日夜それに向けてコツコツ欠かさずに努力を続けます。努力するということが苦にならないのです。

また、頭脳明晰で先見の明もあり、物事に失敗がないタイプだと言えます。

3.「悲」の下部、「心」の文字の点を「続け字」にして書く人は?

「万物は全てに繋がりがあるのだ」と言わんばかりに、人間であろうとなかろうと世話を焼くタイプです。

心理的にデジタルなものを好まず、「昔からあるもの」や「古き良き時代」を意識して大切にしている傾向があります。

とても義理堅い性格で、幼稚園時代からの付き合いを大人になってもできる限り続ける人ですね。このため年賀状のやり取りが異常に多かったりしませんか?

「続け字」にして書く人は、子供扱いされることをとても嫌います。

4.「心」の右側2つの点を広く書く・意識的に広めに書いているという人は

この筆跡に現れているのは「目の錯覚」を利用してでも「自分を大きく見せたい」という心理です。

周囲から大物扱いを受けたいので、手に入れられる限りの高価なもので身を飾ったりします。付き合う人を選ぶにも身の丈以上の「大物」を求めすぎて失敗することもあるので注意した方が良いでしょう・・・

そんな性格ですが、オーバーアクションが災いして周囲から「実は足元を見られている」という可能性もあります。格好をつけるためにお金を使いすぎる傾向があるので、財布の紐を引き締めることをおすすめします。

おわりに

あなたは「ヘソ曲がり」でしたか?それとも「お世話焼き」タイプでしたか?どちらも人間味があって良いことですが、くれぐれもそれで失敗しないように注意したいですね。筆跡にはそれぞれの「人間味」が現れています。

手紙の書き方  手紙の書き方