句点「。」の書き方で「マウンティング度」診断

手紙を友人に宛てて書いてみましょう。
句点「。」の下に隙間が空いていませんか?
形が潰れていたりしませんか?大きさは?

1.句点の下部中央に隙間が空いている

2.マルがやや潰れている

3.小さすぎて句点「。」なのか読点「、」なのか判別がつかない

4.文字と比較して句点が大きい

あなたはどのタイプに当てはまりましたか?

1.句点の書き始めと終わりの下部に隙間が空いているというあなたは

句点の書き順を習った時のこと、覚えていますか?

「下部中央6時の位置から時計回りに1周する」というものでした。書き始めと書き終わりがマルの下部中央ならば書き順としてはあっているようですね。

下から句点「。」を書くあなたは規則正しい生活をきちんと送ることができる人です。思っていても実践できないなんてことはほぼありません。親のしつけや言いつけを、大人になっても忠実に守れるタイプです。

「書き始め」と「書き終わり」をつなげてきちんと「マル」になっていますか?繋がっていなくて下部に隙間が空いている人は「書き順が正しい人」の面も持っていますが・・・

下部に隙間が空いている人は心理的に「自分上位」です。相手よりも自分の方が良い、例えば着ているものだって私の方がずっといいし似合ってる!と思っています。「上位」と聞くと「勝ち負け」のように思えますが、それよりもかなり先を行く「自分大好き!」ということが常に念頭にある人なのです。

自分を持ち上げるために相手がもしも嘘をついたとしても許してしまうというタイプです。自分でもちょっと話をもってしまう傾向があるようですよ。

2.マルがやや潰れていて楕円形になっているというあなた

マルの空間がやや潰れ気味で縦や横に楕円形になっている人はちょっと気持ちが弱い傾向にあるようです。体のエネルギー自体が減っているとたまたま書いた手紙の句点が潰れたりします。そんな時には少しリラックスする時間を作ると良いでしょう。

3.小さすぎて句点「。」なのか読点「、」なのか判別がつかない時には

今日の手紙に限って空間がどこに空いているのかすらわからない、あまりにも小さすぎる句点を書いてしまったというあなたの心中はかなりストレスが溜まっています。いつもはそうでないという時は心理的に追い詰められるような要素が身近にあるということです。

いつどこで手紙を書いたって句点は小さいんだけど、というあなたはクールな人です。心理的にあなたを追い詰めるのは難しいと言えるでしょう。どんなことが身の回りで起こっても冷静沈着、精神的に「大人の中の大人」と言えるタイプです。

4.下部に空間もあるけれど、文字と比較して句点が大きいというあなた

句点は大体文字の4分の1ぐらいの大きさに書くというのが「普通サイズ」ですね。そんなこととは関わりなく、子供の頃から句点は大きいんです!というあなたはとても活発な人です。心理的には「子供」な面が大きく、言い換えれば「子供の心を持った大人」と言ったところでしょうか。

句点が大きい人は下部の隙間で「自分上位」タイプに加えて「子供の心」ですから、彼女にしてしまうと大変な「精神的じゃじゃ馬タイプ」です。エネルギーにも満ち溢れているのでいつまでも心理的な若々しさを保てる要素を持っています。

おわりに

句点の書き方も千差万別ですね。書き順よりもその「形」や「隙間の位置」によって心理的な状態が読み取れます。

句点の下に隙間のあるあなた、友達の句点もこっそりチェックしてみては?

手紙の書き方  手紙の書き方