人間度が見えてくるのは「手紙の宛名の大きさ」

添え状

ハガキでも封書でも、手紙の表面には必ず「宛名」を書きますね。当たり前のことですが「宛名」を書かなければ相手には永遠に届きませんし・・・

宛名を書く時、あなたはどのぐらいの大きさの文字で書いていますか?

1.用紙に対して上の方から書き始め、文字が小さくて下が空いてしまう

2.宛名を大きく書きすぎて結局下の方が詰まっている

3.宛名が一番大きな文字になるようにバランスよくかける

4.どうしても縦書きができず常に横書きになってしまう

あなたの宛名はどうですか?

1.用紙に対して上の方から書き始め、文字が小さくて下が空いてしまう

自分の宛名の文字の大きさが「少々大きめだから」と思っているあなた。「少々大きめ」なので、封筒やハガキに宛名を書くときにはちょっとだけ上から書き始めます。しかし思いとは裏腹に封筒やハガキの下の方に空間ができてしまう・・・

そんなあなたの性格は「積極的」ではあるものの「自分の足元が良く見えていない」というものです。

自分の宛名の大きさが自分の思っているサイズより小さいにもかかわらず、見切り発車で上の方から書いてしまうのです。威勢は良いものの、走り出してから「しまった!」と思うことが発生するタイプです。

自分の書く宛名同様「少しだけ気が小さい」というところを忘れずに行動すると、転倒して心に傷を受けるということが抑えられます。

2.宛名を大きく書きすぎて結局下の方が詰まっている人は

宛名の文字数と文字の大きさの「計算ミス」によってバランスが崩れます。宛名の文字が大きいということは、あなたの「気前の良さはピカイチ」ということを表しています。

しかし下に行くほど文字を小さく書かなければならなくなってしまう、これは自分の見当違いで「墓穴を掘る」ということにつながります。

気前が良い人と一緒にいると、とても気持ちの良いものです。でもその気前の良さを発揮する前に、一旦呼吸を整えて自分の財布の中身を確認するぐらいの注意深さを持った方が失敗がありませんね。

3.お手本のように宛名が一番大きな文字になるようにバランスよく書けるあなた

人間関係における「バランス感覚」が優れている人ほど、宛名を含めた「手紙の表書き」がとても上手いと言われています。

宛名の大きさは「どれぐらい相手を尊重しているか」が表現される箇所で、住所や自分の氏名と比較してその相手との関係性が測れるのです。大きいほど良いとか小さいほど悪いとか、それほど簡単なことでは片付かないということになります。

とかく人間関係でバランス感覚が悪いとストレスが溜まってしまうことが多いのですが、お手本のようにバランスよく宛名を大きく書ける人にはあまり心配はないようです。

4.どうしても縦書きができず常に横書きになってしまうのはなぜ?

番外編ですが、どうしても縦書きができなくて・・・という声を耳にすることがあります。まず縦書きにできない理由には「大きな文字を書けないから」というものも含まれています。

宛名を大きく書けない人は気が小さいタイプ。大きく書けないからなどの理由から横書きばかりを多用してしまうのは「精神年齢の低さ」を表します。

大人になったのなら、宛名を含む手紙の表書きを「縦書き」にする練習をしておかないと「ちょっと子供っぽいな」と思われることも。

おわりに

宛名の大きさは、相手を尊重する程度が反映されています。しかしそれ以上に人間関係におけるバランスや自分自身の精神年齢など「人間度」が映し出されているのかもしれませんね。

手紙の書き方  手紙の書き方