文字の大きさの揃い方であなたの「優柔不断度」を診断

あなたが書いたその手紙の文字をよく見てください。
その文字の「大きさ」は揃っていますか?それともバラバラですか?

1.文字の大きさは「マス目」でもあるかのようにキレイに揃っている

2.文字の大きさがバラバラ、大小取り混ぜです

あなたの手紙の文字、どのタイプですか?

1.方眼紙に書いたかのように、美しく揃った大きさの文字を書くあなたは

縦横どちらの便箋に書いても、美しく規則正しい揃った大きさの文字を書くあなたは温和で気持ちに波がなく、誰からも好かれるタイプで落ち着いた雰囲気が漂っていると言えるでしょう。

大きさが揃っている文字を書く人は、その文字の傾きも整っていてバランスの良い手紙を書くということが多いようです。

大きさとともに「文字の傾き」も整っている場合には「即断即決タイプ」です。心理的に揺らぎがなく、常に平常心でいる人です。自宅の部屋の中や会社のデスク、手持ちのバッグの中身なども習慣的に片付いていて「整理整頓」が毎日の合言葉のような特徴を持っています。

文字の大きさが整っていてキレイな人は、誰とでも分け隔てなくお付き合いができて好感を持たれます。その行動には「突拍子のなさ」が微塵もなく、常に安定しています。朝起きてから寝るまでの行動も365日のうち1日も違わないというソツのなさです。

一つのことを確実にやり遂げるまでひたすらコツコツと努力をして必ずその果てを追求し尽くすという要素があり、技術者や研究者などのように何かを追求する職業に向いた筆跡です。

2.文字の大きさがバラバラ、便箋は大小取り混ぜのカオス!という人

手紙を書いた便箋やハガキを自分で見返して見たら「まるで文字のカオス!」とでも言いたくなる人もいるでしょう。または、いつもはそれほど気にならないのに「今日の手紙に限ってどうしてこんなに文字の大きさが乱れているの!」と言いたくなることもあります。

文字の大きさがバラバラな人は、気まぐれな人が多い傾向にあります。カメレオン的とも言えるほどの擬態ぶりを発揮して、周囲の意見や雰囲気で自分自身の見え方を変えたりすることができる人もいます。

「今日の手紙に限って文字の大きさがバラバラ」という時の心理として言えるのは、手紙を書いている相手の顔色を伺っている可能性があります。自分にとって良い返事をもらいたいがために、書きたいことをストレートに書かずにいる証拠です。どことなくぼやかしたり、ちょっとだけ相手に取り入るような書き方をしていませんか?

このタイプの人に多いのは「整理整頓なんて世の中から消えてしまえ」と思うようなズボラさんです。「そんなにあくせく働かなくたって」と、周囲の規則正しい生活を横目で見ながら寝そべっておせんべいを食べているタイプと言えるでしょう。

数人でランチに行っても、周りの人はみんなメニューを決めてしまっているのにいつまでも決められない「優柔不断型」の人が多いようですね。

おわりに

文字の大きさを揃えて書くことを意識する時期は、もしかしたら小学生の頃だけなのかもしれません。マス目のついたノートを使う期間を過ぎれば、みんな自分の思い思いに文字を綴るようになるのです。

文字の大きさが揃っていてもバラバラでも、好きなように書いて性格を伸ばすのも案外良いのかもしれませんね。

手紙の書き方  手紙の書き方