英語の手紙の結び

英語の手紙にもマナーがある

手紙は受け取った時に、感じる印象があります。日本語の手紙なら、その印象は比較的簡単に想像でき、失礼にならないような好印象なものにできます。しかし英語の手紙となると、単語の意味は分かっていても、それをどこに用いると好印象になるかなどは、なかなかわかりづらいのではないでしょうか。英語の手紙は、日本語よりもフランクなイメージがありますが、やはり英語の手紙にもマナーがあり、結びの言葉も相手に応じて、いろいろなものがあります。日本の手紙の「草々」にあたる言葉などもあります。いずれにしましても、受け取り手に良い印象を与えるには、英語の手紙の書き出しや締めくくりが内容と同様に重要なことになります。それでは、この英語の手紙の結びについて説明していきます。

フォーマルなビジネスの英語の手紙で使える結びの言葉

ビジネスなどのフォーマルな手紙の場合、結びの表現は、基本的には「Sincerely(敬具)」となります。書く際の要点は、フルネームを使い、自筆でサインすることになります。面識のある相手や取引先の場合、ファーストネームだけでも問題はありません。また、結びの言葉と名前の間は1行空けて、名前の部分を自筆でサインします。
・結びの言葉例
「Sincerely,(敬具)」
「Your sincerely,(敬具)」
「Sincerely yours,(敬具)」
「Yours truly,(敬具)」
「Respectfully,(敬意を込めて)」
「Respectfully yours,(敬意を込めて)」
「With appreciation,(謝意を込めて)」

カジュアルなビジネスの英語の手紙で使える結びの言葉

会社の同僚や親しい顧客などの手紙では、堅苦しい挨拶を要さないカジュアルな表現が好まれます。それが「Regards」を使った表現です。これはビジネスシーンだけではなく、友人にも使える万能な表現となります。基本的に自分の名前はファーストネームだけで大丈夫です。
・結びの言葉例
「Regards,(どうぞよろしく)」
「Kind regards,(よろしくお願いします)」
「Warm regards,(暖かい気持ちを込めてよろしく)」
「Best regards,(よろしくお願いします)」
「Please give my best regards to ○○,(○○さんによろしくお伝えください)」
「Please take good care of yourself.(お体にお気をつけください。)」

・よりカジュアルな結びの言葉例
「Best,(ベストを願って)」
「Best wishes,(幸運を願って)」
「All the best,(万事うまくいきますように)」

友達や家族に向けた英語の手紙で使える結びの言葉

友達や家族に送るインフォーマルな手紙には、これといった結びの言葉はないので、比較的自由に表現することができます。
・結びの言葉例
「See you!(またね!)」
「See you soon,(近いうちにまた会いましょう)」
「Take care,(元気でね)」
「Have a great day.(良い1日を。)」
「Have a nice weekend.(良い週末を。)」
「I look forward to seeing you.(会う予定がある人にお会いできることを楽しみにしています。)」
「more later, my friend.(また後で!)」
「Many thanks,(ありがとう)」
「Cheers,(またね)」
「Keep in touch.(これからも連絡を取りあいましょう。)」
「Good luck,(幸運を願って)」
「Enjoy,(楽しんでね)」
「Be well,(お元気で)」
「Your friend,(あなたの友達)」
「God bless you,(神のご加護がありますように)」

恋人や最愛の家族に向けた英語の手紙で使える結びの言葉

恋人や最愛の家族に向けた手紙では、結びの言葉としてストレートな愛情表現が好まれます。
・結びの言葉例
「I love you.(愛してる。)」
「Love,(愛を込めて)」
「Lots of love,(愛を込めて)」
「All my love,(愛を込めて)」
「Love always,(愛を込めて)」
「Kisses and hugsもしくはXOXO,(たくさんのハグとキスをあなたに)」

まとめ・堅苦しさが相手によって変わる

英語の手紙にもマナーがあり、結びの言葉も相手に応じて、いろいろな言葉があることがわかります。ビジネスの英語の手紙で使える結びの言葉では、フォーマルなものに「Sincerely,(敬具)」「Respectfully,(敬意を込めて)」などがあり、いずれも相手に敬意を表しています。カジュアルなものには、「Regards,(どうぞよろしく)」「Best regards,(よろしくお願いします)」などがあり、堅苦しさを要さない表現になっています。友達や家族に向けた英語の手紙では、「See you!(またね!)」「Have a nice weekend.(良い週末を。)」などがあり、比較的自由に表現できます。最愛の相手に向けた英語の手紙では、「I love you.(愛してる。)」「Love always,(愛を込めて)」などがあり、ストレートな愛情表現が使われます。これらを賢く使い分けて英語の手紙を書きたいものです。

手紙の書き方  手紙の書き方