喜ばれる退職する先輩や上司へのお礼の手紙の書き方

入社してからずっとお世話になっていた先輩や上司が、転職や結婚などを機に退職することがわかっている場合は、お礼の手紙を書いて渡してみてはいかがでしょうか。手紙は形として残りますし、感謝の気持ちを表すには最適のものです。普段は口にして出せない言葉も、手紙でしたら書きやすくなるかもしれません。
先輩や上司に向けた手紙の例文を参考として紹介します。

異動する先輩への手紙の例文

具体的なお世話になったエピソードなどを盛り込むと良いでしょう。

〇〇さんへ

〇年間この現場での業務本当にお疲れ様でした。

〇〇さんはいつもは厳しい先輩でしたが、○○の案件で本当に困っている時に手助けをしてくださる優しい先輩で、本当に心から感謝しています。

〇〇さんのもとで働くうちに、〇〇さんが日頃大切にしているチームワークの大切さについて学べたと思います。

本当にありがとうございます。

まだまだ未熟な私ですが、いつか後輩ができたら、○○さんのように頼り甲斐のある人間になっていたいと思います。

異動先の○○部でも、存分にお力を発揮されることをお祈りしております。

結婚を機に退社する先輩への手紙の例文

お世話になったお礼と、これからの幸せをお祈りする言葉を入れましょう。

○○さんへ

このたびはご結婚おめでとうございます。

先輩が居なくなってしまうことはとても寂しいですが、先輩の幸せそうな笑顔を見て、とても嬉しくなりました。

○年間、私に様々なことを教えてくださって、本当にありがとうございました。

なかなかうまく顧客が取れない私に、いつもアドバイスをくださったことを覚えています。

先輩の明るい笑顔で、いつもお客様も満足なさっている姿が印象的です。

きっと旦那様も、先輩のそんな笑顔に惹かれたのでしょうね。

これからは先輩の分も私たちで頑張ります。

どうか末永くお幸せに。

今までありがとうございました。

退職する上司への手紙の例文

特に目上の上司に対しては、社会人として失礼のないような言葉遣いに気をつけましょう。

〇〇課長、長い間本当にお疲れ様でした。

いつも不器用でご迷惑ばかりかけていたにもかかわらず、長い目で見守ってくださって、本当にありがとうございました。

課長がいつも仰っていた「お客様の立場になって考えろ」という言葉や、長い目線で先のことを考えてらっしゃる姿がとても印象的です。

私はいつも自分のことばかりを考えてしまいがちなので、常に課長のお言葉や姿勢を見習って業務に励んでいきたいと思っております。

課長がいなくなることはとても寂しいですが、今までたくさん弊社に貢献なさった分、どうかごゆっくりなさってください。

社会人として、○○課長のもとで働けたことを光栄に思います。

○○課長のご健康と、ご多幸をお祈り申し上げます。

まとめ

職場の目上の方に手紙を書くということは正直難しくて何を書けばいいのかわからないかもしれません。失礼があってはいけないと考えるばかりに、筆が止まってしまうかもしれませんが、手紙を書こうと思ったきっかけや、お世話になったエピソードを一つずつ思い出してみてください。手紙にして手渡そうとする意味は、単にお礼の言葉をかけるだけでなく「大切にしまってほしい」という気持ちもあるのではないでしょうか。貰った方は、今まであなたを見てきたことに対してお礼の気持ちをわざわざ手紙という形で残してもらえて嬉しいことでしょう。いつどんな時にお世話になったのかや、これから自分がどうなりたいかも書いて、良いお別れになるといいですね。

手紙の書き方  手紙の書き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です