相手に失礼だと思われない問い合わせの手紙の上手な書き方、マナーとは?

tegami

住所を問い合わせる

住所を問い合わせる手紙の類語と文章例を挙げてみます。類語では、居所・現住所・新居・転居先・移転先・住所録などがあります。友達の住所を問い合わせる場合は次のようになります。その後お変わりございませんか。 さて、突然ですが、○○良子さんのご住所をご存知でしたらお教えくださいませんか。実は昨日、良子さんに急にお目かかりたい用件ができましたので、柳町のアパートへお伺いいたしましたところ、どこかへ転居なされたとのことです。管理人の方にお尋ねしましたがわからず、困っております。 あなたは昔から良子さんとはお親しく交際なさっていらっしゃいましたから、多分現在のご住所をご存知のことと思いまして、お尋ね申し上げた次第でございます。 お忙しい中を恐れ入りますが、お分かりでしたら折り返しお知らせくだそいますよう、よろしくお願い申し上げます。といった感じです。

貸家について問い合わせる

貸家について問い合わせる手紙の類語と文章例を挙げてみます。類語では、家賃・住所・敷金・原状回復費・連絡先などがあります。文章例は次のようになります。ようやく春めいてまいりました。皆様にはお変わりもないことと存じます。 突然ご厄介なことをお願いして誠に恐縮ですが、お宅のご近所に適当な貸家はありませんでしょうか。家内がこの五月に出産予定になっており、今のアパートでは手狭になりますので、ぜひ引越したいと思うのです。お宅のあたりですと環境も良く交通の便も良いので、私の希望条件にピッタリなのですが、もちろんお宅の近くとは限りません。家賃10万円程度で、通勤時間は一時間以内と言う条件で2DK程度の家があれば好都合なのです。 お顔の広いあなたのことですから、案外良い所が見つかりやしないかという気がしてお願いいたす次第です。ご迷惑なこととは存じますが、何卒よろしくお願い申し上げます。といった感じです。

計画について問い合わせる

計画について問い合わせる手紙の類語と文章例を挙げてみます。類語では、プラン・スケジュール・行事・案内書・予約・予定などがあります。文章例は次のようになります。毎日うっとうしい日が続きます。 さっそくですが、この夏友人と二人で○○川上流の探索旅行を考えています。目下ガイドブックと地図を広げての研究段階なのですが、コースや野営地の選択などに迷う点が多々あります。そこで現地に詳しい大兄に具体的な様子を伺いたくお手紙を差し上げた次第です。別紙に質問事項と当方の希望条件を箇条書きにいたしましたので、ご意見をお書入れの上、同封の返信用封筒にてご返送くだされば幸いに存じます。 誠に勝手千万、不埒なお願いですが、○○川上流探索は大兄の昨年の絶賛報告により思い立ったものなので、責任の一半は大兄にもあるわけです。よろしくお願いします。といった感じです。

出席の都合について問い合わせる

出席の都合について問い合わせる手紙の類語と文章例を挙げてみます。類語では、日時・時間・場所・相席者・欠席・出席・会場などがあります。文章例は次のようになります。その後はご無沙汰。 さて先頃申し上げておきました小集会、来る六月九日土曜日あたりに催したいと思いますが、貴兄のご都合はいかがでしょうか。○○君もなるべく内輪の会にして心置きなく旧を語り合いたいと言われますし、十人ほどの旧知の諸君へ案内状を出し、粗飯を差し上げたいと思います。ついては支度の都合もありますから、まず貴兄のご出席の有無を伺います。 当日記念としてね貴兄のご揮毫の扇子を分かちたく、ただ今別封郵パックにて白扇十本ほどお送りしておきました。お暇の折を見つけて何か書きつけておいてくださるよう。取りあえずお願いまで。といった感じです。

手紙の書き方  手紙の書き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です